FC2ブログ
歯車式

最終回.グッバイ・レガシー
次郎邸7話スンナリと次郎邸に迎え入れられたサブリナ。
jr3_172.jpg
アメ「全然スンナリじゃないんだからね!」





と、いうわけで・・・・・







主役不在となるニューファミリーコミューンは今回を持ちまして終了です。
nfc111.jpg
マサオ「ドイヒ~!」





マサオが何度も体をはってくれたんですけど日記にならず・・・。
nfc112.jpg





同級生イベントなどもやりましたが不発に終わり・・・。(ボツ)
nfc113.jpg





更新できないまま1年以上が過ぎてしまいました。
もう限界です。
サブリナ結婚のタイミングで最終回にしちゃいましょう。





クリス「サブリナ!よく聞いて!この家はここ「歯車式」の第一号日記「男性独身寮」の流れを汲む、
由緒正しい・・・言うなればレガシーな家なんだよ!それを簡単に最終回なんて・・・。
しかも前回引っ越してきたばっかりなのに・・・。」
nfc114.jpg
サブリナ「この家がレガシーなんじゃなくて・・・・



私がレガシー
なのよ!」





クリス「あ!そうなの?そうなんだ・・・・・ハハハ・・・ハ・・・。」
nfc115.jpg
サブリナ「クリス・・・あなたには同情するわ。なにせウチの管理人がイケメンを使って話を作るのが苦手だから・・・。
他の家に遊びに行くなり、公共区画に出没するなりして自分で活路を見つけるのよ!」





マサオ「いないいない・・・・バァ~♪」
nfc116.jpg
ミロ「キャッキャッキャッ」





サブリナ「マサオ。あなたの事はなにも心配してないわ。あなたのそのキモオタ特性を生かして
アイドルの握手会とかに積極的に出没しなさい。」
nfc117.jpg





サブリナ「ミロ。あなたの事はまだ全然わからないけど・・・パパのようにならないようにね。
ここの管理人はなにせ変なシムが大好物だから!そういう風に育ってね。」
nfc118.jpg





サブリナ「マイケル!その恵まれた風体を持っていながらなんの努力もせず!
くだらないマサオイジメなどで無駄に時間を空費した罪は万死に値するわ!反省しなさい!」
nfc119.jpg
マイケル「え・・・・それって俺のせいなの・・・?」





サブリナ「クロエ。あなたはテレビの司会者としてのステイタスをしっかり持っているから全然大丈夫!
これからも出番はあるわ!がんばって!」
nfc120.jpg
クロエ「あ・・・ありがとう・・・。」





エリン「私はどうなるのよ!やっと芸能プロダクションの社長っていう肩書きを手に入れて
さあこれから!って時なのに!(わざわざ不倫までしたのに・・・。)」
nfc121.jpg





サブリナ「あなたも安泰よ。マヤヤ・キュリアスを芸能人として立派に育てて行けば問題ないわ。
いくらでも出番があると思うの。マヤヤを大手に奪われないようにね!」
nfc122.jpg
エリン「あ・・・・ハイ・・・。」





サブリナ「あなたんトコにもう1人役者志望の子がいたでしょ?あの子も売り出してあげなさい。
自分の出番が増える大事な手駒よ!」
nfc123.jpg
エリン「サブリナ・・・。なんでそんなに詳しいの?」





サブリナ「デヴィッド!あなたには無限の可能性があるわ!今から自分を磨きなさい!
パパみたいにならないように、努力して自分にをつけるのよ!わかった?」
nfc124.jpg
デヴィッド「わかったよサブリナさん!僕、努力するよ!」





努力するデヴィッド。
nfc125.jpg
う~ん・・・どうしようかなぁ・・・。
とりあえず彼の性格はティーンになってから・・・ってかんじですかね?
この子はなんとか生かしてあげたい・・・・。





こうして全員にエールを送った後、サブリナは次郎邸へ巣立っていきました。
nfc126.jpg





結局上手く更新できなかったニューファミリーコミューン。
6話で無念の最終回です。
nfc127.jpg





年1更新じゃお話になりません。
子供をどんどん成長させていけばなんとかなったかもしれないんですが・・・
他家との兼ね合いもあってそうもいかず残念な結果になりました。
サブリナが言ったように他の家の日記にチョロチョロ出そうと思ってます。
特にオオカミ少年のデヴィッドはがんばってお話を作ってあげたいですね。





ではおしまいです。





前のページメニュー





スポンサーサイト