FC2ブログ
歯車式

15.激情のローラ
ローラ「・・・・・」
jr3_328.jpg





アメ「ちょ、ちょっとー!ローラさんヤメテよー!」
jr3_329.jpg
次郎「ローラ!一体どうしたんだよ?顔あげてくれよ!」





ローラ「次郎がパン屋を始めるって聞いたの。そこでお願いが・・・。」
jr3_330.jpg





次郎「へ?そんな話どこで聞いたの?」
jr3_331.jpg
ローラ「ウチの亭主に聞いたの。あいつがスパに行ったとき、たまたま居合わせたナーバスが・・・」





ナーバス「今度次郎とアメちゃんがパン屋を始めるんだ。ケープギアの景気動向を考えると今は動くべきじゃないと
ボクは思うんだけどね。あの2人は優秀な医者なんだけど、しょせん学者なのさ。経済ってものをわかってないよ。」
jr3_332.jpg





次郎「あーんのやろー!好き勝手言いやがって!まったくヒトゴトじゃねーか!」
jr3_333.jpg
アメ(死ねばイイのに・・・)





ローラ「うちの亭主は全く働く気が無くて、昨日も・・・」
jr3_334.jpg





ローラ「アンタ!風呂ばっかり入ってないで早く仕事見つけなさいよ!」
jr3_335.jpg





キノッピ「るっせーなー!見てわかんねーの?今仕事中なんだよ!」
jr3_336.jpg
ローラ「仕事?」





キノッピ「俺、ユーチューバーになったんだよ!撮影の邪魔しないでくんねーかなー?
KINOPPIで検索してみな。俺の投稿した動画見れっから。」





ローラ「どれどれ・・・、K・I・N・O・P・P・I・・・っと・・・」
jr3_337.jpg





ローラ「あ!この動画ね。」
jr3_338.jpg





jr3_339.jpg





キノッピ「フゥ~・・・」
jr3_340.jpg





ローラ「・・・・・」
jr3_341.jpg





キノッピ「ウフゥ~・・・・」
jr3_342.jpg





ローラ「・・・・・」
jr3_343.jpg





ローラ「キモい中年男が湯船で呻いてる動画なんて、誰が見るんだボケー!」
jr3_344.jpg
キノッピ「ヒィ~!」





ローラ「お願い!ウチのバカ亭主を次郎のお店で雇って!」
jr3_345.jpg
次郎「いやでも・・・・・。」





ローラ「店員のスキルだけはまだ忘れてないはずだから!ね!お願いよ次郎!」
jr3_346.jpg
次郎「う~ん・・・ってかさぁ~・・・」





次郎「ローラお前って化粧品会社の社長じゃん。自分の店で雇ったらよくね?」
jr3_347.jpg





ローラ「やだ次郎やめてよー。あんな集団食中毒出して有名人になっちゃったヤツを店員なんかにしたら
店の信用ガタ落ちになっちゃうじゃなーい。ウチの店つぶす気~?」
jr3_348.jpg
次郎「あー確かにそうだな!食品を扱うウチの店なんか一瞬でつぶれちまうだろうな!」





次郎「あと、さっきからオマエ勘ちがいしてるようなんだけどさぁ。俺は金を出すだけなんだよね。
店長、経営者はあくまでもナーバスなんだよ。わかる?」
jr3_349.jpg
ローラ「ナーバス・・・・」





ローラ「ハイ・・・。ゼンゼンダイジョウブデス・・・。」
jr3_350.jpg
次郎「まぁ、そういう顔にもなるわな・・・。」





次郎「それにしてもアイツもいい嫁さんもらったもんだな。わかったわかった、ローラにそこまで頼まれちゃ
仕方ねーよな。キノッピを雇う線で調整してみるよ。ナーバスが納得するかわかんねーけどよ。
まぁ腕づくで納得させるだけなんだけどな(笑)」
jr3_351.jpg
ローラ「次郎・・・。ありがとう・・・・。」





次郎「ヘヘッ・・今頃アイツくしゃみしてるぜ。きっと(笑)」





ポコポコポコ・・・





キノッピ「アッ、屁が出た・・・。」
jr3_352.jpg





ゆっくりと次郎たちのプロジェクトが動き始めました。





前のページメニュー





スポンサーサイト